診療案内

患者様を中心とした医療を提供し、専門の診療で運動器全般の障害、疾患、苦痛などを取り除き、さらに積極的なリハビリを行い、身体機能の回復を目指し、快適で充実な生活を送るように一助します。

具体的な診療内容

外傷性障害(スポーツ、交通事故、労災などを含む):
皮膚創傷、捻挫、肉離れ、骨折など
頸椎障害:
頸椎、胸椎、腰椎変性性疾患、ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など
上肢障害:
腱鞘炎、バネ指、テニス肘、野球肘、肩腱板損傷、肩周囲炎、四十肩、五十肩など
下肢障害:
膝、足、股関節などの関節変性性疾患
関節炎各種:
痛風性、偽痛風、細菌性、リウマチ性などの関節炎 慢性疼痛各種、骨粗鬆症など
日帰り手術:
皮膚嚢腫(粉瘤)、膿瘍、脂肪腫、爪周囲膿瘍、バネ指、手根管症候群など
医療のことでお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。
毎日スタッフ一同、真心と笑顔で皆様をお迎えします。

当クリニックの特徴

1.MRI(MRI=MagneticResonanceImaging:磁気共鳴画像診断装置)
MRI検査は磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査です。
2.中周波
皮膚抵抗の少ない中周波電流(1,000Hz~10,000Hz)は、皮膚の侵害受容器への刺激を抑える特性があるといわれ、深部組織への刺激に適しています。
3.干渉波
2つの導子(体に直接付ける電極)から異なる周波数の低周波電流を流し、体内で交差(干渉)させ、患部にその周波数の差に相当する低い干渉電流を発生させて、その刺激を利用する治療法です。

※カーテンで仕切られているので、プライバシーも守られています。

 

診療科目

  • 整形外科
  • 骨や関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉や神経系を「運動器」と呼びます。この「運動器」の機能の改善のために治療する外科のこと整形外科といいます。

  • リハビリテーション科
  • リハビリテーションの語源はラテン語で、re(再び)+ habilis(適した)、すなわち「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」を意味しています。

  • リウマチ科
  • リウマチ科とは関節リウマチをはじめとする膠原病(こうげんびょう)疾患を診療する科です。膠原病では全身の臓器に炎症を主体とする病変が起こり、様々な症状は現れます。

    診療時間

    午前 08:30~12:00 午後 14:00~18:30 ※日曜日と祝日は休診です。


    リハビリ機器

    その他機器